• ヒューマングレード素材のナチュラルドッグソープ
  • ヒューマングレード素材のナチュラルドッグソープ
  • デリケートな愛犬のスキンケア
  • 黄金繭から抽出したシルクの保湿剤セリシン
  • デリケートな愛犬のスキンケア

愛犬の健やかな皮膚を守るために

痒みと湿疹でハゲハゲだった愛犬(フレンチブルドッグ)に最も優しい洗浄剤を探し求めてたどり着いたのは、手作り石けんでした。

合成界面活性剤不使用、コールドプロセス製法、主な原料は植物オイルで丁寧に手作りしているナチュラルドッグソープです。

良質な洗浄剤と保湿で「お薬に頼らないおうちケア」をコンセプトに作っています。

ナチュラルドッグソープ 3つのこだわり

ナチュラルドッグソープは自然な成分で作られた天然の界面活性剤の手作り石けんです。石けんは大量の水で分解され、数時間後には微生物のエサとなります。低刺激で汚れをしっかり落とし、すすぎも早くデリケートなわんちゃんにも安心してお使いいただけます。

コールドプロセス製法とは、オイルに余計な熱を加えずに自然は反応を待って作る製法です。熱を加えないためオイルが持つ肌に良い成分はそのままに、保湿効果のあるグリセリンもたっぷり含まれているため、ツッパリ感がなくしっとり&さらふわな洗い上がりになります。

ナチュラルドッグソープの原料は、食品グレードまたはコスメグレードの新鮮な植物オイルのみを使っています。皮膚によいオイル、被毛によいオイル、保湿効果が高いオイルで作った3種類をご用意しています。わんちゃんの状態に合わせてお選びください。

おすすめ商品

RANKING

犬の皮膚バリアを壊さないナチュラルドッグソープ

本来、生き物には免疫システムが備わっています。犬の皮膚にも皮膚バリアがあり外部の刺激から守っています。異物を感じ取ると、白血球が異物を攻撃して炎症が起こります。本来悪いものではないのに過剰に反応してしまうのがアレルギーです。

炎症で痒みが伴うと掻き壊すことで皮膚バリアが壊れてしまいます。皮膚バリアが壊れてしまうと、さらに異物が皮膚内部に入り炎症や痒みが起こります。炎症が痒みを起こし掻くことでさらに皮膚バリアが壊れ、炎症→痒み→掻き壊す→炎症を繰り返し、悪循環に陥ってしまいます。

顔に痒みが強かった1歳の頃

壊れた皮膚バリアを修復するには、掻かないように痒みを止めること。<病院で治療>炎症の原因となる異物を入れないこと。<低刺激の洗浄剤で洗う>皮膚バリアの修復をすること。<保湿>で皮膚バリアが整ってきます。

ナチュラルドッグソープは、合成洗剤ではなく石けんです。「石けん」とは、原料が油脂とアルカリで作られたもので、それ以外の原料で作られたものは合成洗剤となります。合成洗剤の原料は主に石油由来で、複雑な製造過程で作られています。植物由来の原料の物もありますが合成界面活性剤であることに変わりはありません。

ドッグソープでふさふさな13歳

石けんの大きな特徴は、大量の水で分解されます。皮膚に深く浸透しないので、すすぎ残しがありません。シャンプー時間が短く、洗浄剤が被毛に残らないので乾きも早いです。肌によい植物オイルと天然のグリセリンが石けんに入っているので保湿効果があります。

薬用シャンプーは皮膚内部に入り込んだ菌を殺菌するため、刺激が強く皮膚が乾燥します。使い続けると悪玉菌だけでなく皮膚バリアになっている善玉菌もすべてなくなり、皮膚バリアが作られるまで無防備な状態にさらされてしまします。洗い流しが足りないと成分が皮膚に残留して、シャンプー剤そのものがアレルゲンになってしまうこともあります。薬用シャンプーは皮膚の改善に有効ですが、皮膚が改善したら低刺激な洗浄剤にすることをおすすめします。

CALENDARカレンダー

2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  • 配送定休です